【第51回】内閣広報官・内閣広報室の役割と広報戦略

内閣広報官 四方敬之


<3つの重要ポイント>


① 民主主義の“基本インフラ”としての情報発信

⇒ 総理・官房長官の記者会見や官邸ホームページ・SNSの運用、政府広報等を通じて、内閣のメッセージをタイムリーかつ正確に発信する


② 国民とのコミュニケーション(対話)の促進

⇒ 「車座対話」等の対面でのコミュニケーションと、SNSを活用したデジタル・コミュニケーションとを組み合わせ、内閣の重要政策を分かりやすく国民に届ける


③ 世界における日本のプレゼンスやブランド力の向上

⇒ 内閣の重要政策を様々な媒体を通じて世界に発信することで、日本の立場、考え方や魅力を広く世界に周知する


【参考動画】

https://www.policy-issues.jp



「第51回 内閣広報官・内閣広報室の役割と広報戦略 」

〇出演者:内閣広報官 四方敬之

〇司会者:慶應義塾大学名誉教授 竹中平蔵


<概要:主な論点>

00:00 オープニング

01:21 ①内閣広報官・内閣広報室:概要説明

13:21 ②総理官邸・各府省庁との整合性・一体性

15:49 ③総理大臣の広報の国際比較など

21:25 ④総理官邸のSNS戦略/危機管理広報など

25:56 ⑤広報業務での課題:広報人材など

31:01 ➅国際広報/インテリジェンス/戦略的広報

35:21 ⑦今後の重要広報戦略・テーマなど

39:10 ⑧3つの重要ポイント