【第48回】岸田政権に期待する日本の外交政策

日本経済新聞・本社コメンテーター 秋田浩之


<3つの重要ポイント>


① 冷徹なリアリズムに沿った戦略思考

厳しくなる安全保障の環境を冷静に分析し、必要な対策を打つ。「何とかなる」という根拠なき楽観とは対極の思考を


② プランBを考える

日本はお経のように「日米同盟基軸」を唱えてきた。では、不幸にして日米同盟が弱まったらどうするのか。次善策も用意すべき


③ 日中の耐震構造を強める

米中対立が長く続けば、日中も緊張が高まらざるを得ない。日中が深刻な対立に陥らないよう、関係の耐震化を図ることが急務


【参考動画】

https://www.policy-issues.jp


「第48回 岸田政権に期待する日本の外交政策」


○テーマ:岸田政権に期待する日本の外交政策

◯出演者:日本経済新聞・本社コメンテーター 秋田浩之

◯司会者:東京大学名誉教授 伊藤元重


<概要:主な論点>

00:00 オープニング

01:45 ①米中対立下での日米・日中関係

19:35 ②米国の変化/中国の変化とリスク

31:05 ③日本の対中政策:リスクと対応策

41:00 ④3つの重要ポイント