【第46回】新型コロナ、ワクチン接種と消費行動

経済産業研究所 所長・CRO 森川 正之


<3つの重要ポイント>


① 新型コロナが終息した場合に比べると、自身のワクチン接種による直接的な消費拡大効果は限られている可能性。


② 昨年のGoToキャンペーンを利用した人は、ワクチン接種に伴う消費拡大意欲が強い(=政策的な刺激がなくてもリベンジ消費を積極的に行う可能性)。


③ 宿泊・飲食などのサービス業で「密」を回避しつつ生産性を高めるためには、需要を平準化するような取り組みが望ましい。


【参考動画】

https://www.policy-issues.jp


「第46回 新型コロナ、ワクチン接種と消費行動」

◯出演者:経済産業研究所

    :所長・CRO 森川正之

◯司会者:東京大学名誉教授 伊藤元重


<概要:主な論点>

00:00 オープニング

02:00 ①ワクチン接種と消費行動

17:55 ②宿泊業等の需要平準化の具体策

24:13 ③経済回復の遅れと消費回復策

30:41 ④現金給付の景気刺激効果について

33:38 ⑤有効な景気刺激策について

39:10 ➅3つの重要ポイント