top of page

【第129回】経済産業政策の新機軸

経産省・経済産業審議官 平井裕秀


<3つの重要ポイント>


1. 国際経済秩序は歴史的な転換点を迎えている
米中対立、ロシアのウクライナ侵略、コロナ感染症への対応などを背景に、グローバル化一辺倒からの転換
2. 世界は新自由主義的政策を超えた産業政策競争になっている
格差解消や国内投資誘導のために、各国が政府も一歩前に出て産業政策に取り組む動きが活発化
3. 日本はミッション志向の産業政策で投資拡大・賃金上昇を促す
従来のサプライサイドへの政策アプローチだけでなく、経済社会課題解決をゴールに置き、国内外での新市場創出など需要サイドへの働きかけも強め、投資拡大と賃金上昇につなげる


<第129回 政策解説動画>
「経済産業政策の新機軸」
(新しい資本主義の産業政策パート)
〇出演者:経産省 経済産業審議官 平井裕秀
〇司会者:東京大学名誉教授 伊藤元重

<概要:主な論点>
①ミッション志向の産業政策/OS組替え
②産業政策の意義・問題意識について
③産業政策の今後の課題について
④産業政策における政府の役割について
⑤政府の産業政策の有効性について
⑥3つの重要ポイント

Comments


bottom of page