top of page

【第127回】令和3年度 食料・農業・農村白書の概要

農水省 大臣官房広報評価課 情報分析室長 牧之瀬泰志


<3つの重要ポイント>


1. 若年層等の農業従事者の確保・定着と併せ、農業従事者1人1人がより大きな役割を担っていくことが必要となっている

2. 法人化・規模拡大の取組は今後とも重要。一方で、地域農業を維持する観点から、65歳以上の農業従事者の果たす役割は引き続き大きい

3. 米の割合が減少し、畜産や野菜の割合が増加傾向にあり、需要の変化に応じた生産の取組は今後とも重要である


<第127回 政策解説動画>
令和3年度 食料・農業・農村白書の概要
〇出演者:農水省 大臣官房広報評価課
    :情報分析室長 牧之瀬泰志
〇司会者:東京大学名誉教授 伊藤元重

<概要:主な論点>
①トピックス/特集/本編
②令和3年度白書での工夫/反響について
③食料安全保障問題への取組について
④カーボンニュートラルと「みどり戦略」
⑤高齢化・人口減少と次世代継承への取組
⑥3つの重要ポイント

Comments


bottom of page