【第108回】クリーンエネルギー戦略(中間整理)

経産 省製造産業局長 山下隆一


<クリーンエネルギー戦略の3つの狙い>


①円滑なトランジションがCN成功の鍵

カーボンニュートラルの達成のためには、エネルギー安全保障を踏まえた現実的な

トランジションが必須。


②社会・経済・産業の歴史的大転換という時空で捉える

化石エネルギーの上で繁栄してきた人類が、社会、経済、産業の根幹の構造を抜

本的にクリーンエネルギーに転換していくチャレンジ。技術的にも、ビジネスエコノミク

ス的にも、制度設計的にも、既存の枠組みの延長線上の発想を超える必要あり。


③グローバルな大競争の中での市場・ルール構築での先行

不確実性が極めて高い中、企業の投資やグローバルな資金を引き出し、人材・情

報・技術等を集結させるため、国のコミットの下で、予見性・透明性のある具体的で

魅力的な仕組み・経済メカニズムを構築し、世界規模での新しい市場・ルール構築で

先行し、我が国の産業・企業の競争力強化につなげる。


https://www.policy-issues.jp


「第108回 クリーンエネルギー戦略(中間整理)」

〇出演者:経産省

    :前首席エネルギー・環境・

     イノべーション政策統括調整官

    :前資源エネルギー庁次長 

    :製造産業局長 山下隆一

〇司会者:東京大学 名誉教授 伊藤元重


<概要:主な論点>

①中間整理の概要(第1章/第2章)

②2030年/2050年目標に向けて

③「値差」支援(水素・アンモニア)

④電力の需給ひっ迫への対応策

⑤電力の需給調整について

➅規制・制度的措置による民間投資促進

⑦産業のエネルギー需給構造転換

⑧今後のエネルギー需給見通し

⑨3つの重要ポイント