【第105回】安倍総理官邸の政策運営

元内閣総理大臣補佐官兼内閣広報官 長谷川榮一


<3つの重要ポイント>


① 日本が重視すべきはソフトパワー

多くの国から日本人の活躍が望まれている。価値を具体化し、プロジェクトを実現する力が

重要。企画力、組織力、実行力が肝腎。議論や知恵出しだけで満足してはならない。


② 国の主人公である各人が強くなること

素質を磨き、持てる力を発揮できる社会環境が重要。主人公である以上、苦境でも責任を

負うのを厭わずに。仲間や地域とのチームワークでも対処する。国による支援は、理不尽

で大きな苦難の場合に限る。「自助、共助、公助」が基本。


③ 日本人の国際競争力を高める

学校でも、組織でも、与えられた問題をミスなく解く訓練に染まり過ぎている。所属組織の

価値観を所与としていては成功に遠い。外国を体験し、国内も広く訪れると、日本の良い点

と足りない点を実感できる。国内を知ることは、国際化することに通じる。


【参考動画】

https://www.policy-issues.jp


「第105回 安倍総理官邸の政策運営」

~『首相官邸の2800日』~

〇出演者:元内閣総理大臣補佐官兼内閣広報官

    :長谷川榮一

〇司会者:慶應義塾大学名誉教授 竹中平蔵


<概要:主な論点>

①『首相官邸の2800日』の概要説明

②国際広報(外国との情報戦)について

③国内広報(平和安全法制)について

④CPU機能「Communication Policy Unit」

⑤消費増税時の広報について

➅財政に頼らずに、国富を増やす

⑦3つの重要ポイント