第74回政策シンポジウム<地球温暖化対策シンポジウム(COP21)>

「COP21:国際交渉・国内対策は  どうあるべきか/その先を見据えた  日本の温暖化対策のあり方とは」 〇環境省  (地球環境局) 〇東京大学 (経産省) 〇日本経団連(JFEスチール)

【開催概要】 日時:2015年10月3日(土)14:00~16:00 場所:富国生命ビル14階・第4セミナールームA  :(東京都千代田区内幸町2-2-2) 定員:200名(先着順) 備考:参加費無料 主催:政策分析ネットワーク 協力:新日本有限責任監査法人

【パネリスト・モデレーター(敬称略)】 〇環境省 地球環境局総務課  課長  森下 哲 〇東京大学公共政策大学院  教授  有馬 純 (元経産省大臣官房審議官地球環境問題担当) (前JETROロンドン事務所長) 〇日本経団連 国際環境戦略WG座長  JFEスチール 技術企画部  理事  手塚宏之 (地球環境グループリーダー)

<全体進行係> 〇政策分析ネットワーク事務局長 田幸大輔