第68回政策シンポジウム<大学改革シンポジウム>

「大学を「教育」から「学習」の場へ」 1)学習環境デザイン論の視点から 2)国内全大学の訪問調査結果から 3)経営戦略やガバナンスの視点から 4)「学習学」の視点から 〇東京大学 〇大学イノベーション研究所 〇三菱UFJリサーチ&コンサルティング 〇京都造形芸術大学/らーのろじー株式会社

【開催概要】 日時:2015年8月22日(土)14:00~16:00 場所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング   :19階 ANNEX・会議室   :(東京都港区虎ノ門5-11-2   : オランダヒルズ森タワー)   :http://www.murc.jp/corporate/office 定員:120名(先着順) 備考:参加費無料 主催:政策分析ネットワーク 協力:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

【パネリスト/モデレーター等(敬称略)】 <パネリスト> 〇東京大学情報学環教授     山内祐平 〇大学イノベーション研究所所長 山内太地 〇三菱UFJリサーチ&コンサルティング  経営コンサルティング部  シニアコンサルタント     山村一夫 <モデレーター> 〇京都造形芸術大学教授     本間正人 (らーのろじー株式会社代表取締役)

<全体進行係> 〇政策分析ネットワーク事務局長 田幸大輔

【開催内容】 大学改革について様々な議論が展開されて いますが、大きな流れの一つは「教育から 学習へ」です。今回は学習環境デザイン論 がご専門で「反転授業」にも造詣が深い 山内祐平氏、全国すべての大学を訪問調査 と広報のコンサルティングも行なっている 山内太地氏、大学の経営戦略やガバナンス の視点から提言をされている山村一夫氏と いう3人のパネリストを迎え、「学習学」 を提唱している本間正人氏にコーディネート して頂きました。