第190回政策シンポジウム 社会課題解決X技術革新/イノベーション

「世界から尊敬・信頼される科学技術立国  日本への復活」~ムーンショット型 研究開発制度が目指す未来像と、 その実現に向けた野心的な目標とは~ ①急進的イノベーションで少子高齢化時代を 切り拓く(誰もが夢を追求出来る/ 健康不安なく人生を楽しめる社会) ②地球環境を回復させながら都市文明を 発展させる(資源要求の削減/資源循環/ 環境中立都市/自然との共存) ③サイエンスとテクノロジーでフロンティアを 開拓する(AI/バイオ/脳・神経系/ 量子から地球/宇宙) ---------------------------------------- 【開催概要】(第190回政策シンポジウム) 日時:2019年9月28日(土)14:00~16:00 場所:ヤフー株式会社・セミナールーム 定員:200名(満員御礼) 備考:参加費無料 主催:政策分析ネットワーク

【登壇者:報告者/パネリスト等:敬称略】 〇内閣府(科学技術・イノベーション担当)  政策統括官           松尾泰樹 〇日本経団連 産業技術本部長  吉村 隆 〇世界経済フォーラム(WEF)  第4次産業革命日本センター長 須賀千鶴 〇ソフトバンクグループ  CEOプロジェクト室  ディレクター     寺本貢司 〇博報堂   ミライの事業室 部長     堂上 研 〇国立研究開発法人 科学技術振興機構  研究開発戦略センター   海外動向ユニット フェロー  澤田朋子

<全体進行係> 〇政策分析ネットワーク事務局長 田幸大輔 (官民連携・社会課題研究センター長)