第186回政策シンポジウム<米国政治とメディア>

「トランプ政権下での政治とメディアの  深刻な分断の現状」~民主主義社会に  おけるメディアの役割を改めて考える~ 〇危機に瀕する米国のメディア 〇政治とメディアの深刻な分断 (米国大統領選挙を事例に) 〇激しさを増す伝統メディアと  オンラインメディアの攻防 〇テクノロジーの進展、規制の変化、  メディアの変貌 〇フェイクニュースの広がりとその対策 〇米国の調査報道の現状 〇今後のメディアのあり方とは -------------------------------------- 【開催概要】(第186回) 日時:2019年4月20日(土)14:00~16:00 場所:ヤフー株式会社・セミナールーム 定員:200名 備考:参加費無料 主催:政策分析ネットワーク

【登壇者:報告者/パネリスト等:敬称略】 〇外務省   国際法局 兼 北米局 審議官   岡野正敬 〇経団連 前米国ワシントン事務所長      経済広報センター  常務理事(国際担当)    山越厚志 〇朝日新聞 編集局 編集委員   山脇岳志 (前アメリカ総局長・元GLOBE編集長) 〇電通PR 企業広報戦略研究所 副所長  コーポレートコミュニケーション  戦略局長             阪井完二 〇ヤフー株式会社 メディアカンパニー メディア統括本部    祝前伸光 〇在NYジャーナリスト  元共同通信社記者   津山恵子 〇上智大学  総合グローバル学部 教授   前嶋和弘

<全体進行係> 〇政策分析ネットワーク事務局長 田幸大輔 (官民連携・社会課題研究センター長)