第132回政策シンポジウム<イノベーションX雇用・労働>

「IoT・ビッグデータ・AI等の技術革新が  雇用・労働に与える影響に関する調査報告」 ~2030年に向けた変化や取り組みの方向性について~ ~雇用創出・能力開発・再教育の視点から~ 〇厚労省(雇用政策課) 〇三菱UFJリサーチ&コンサルティング(経済政策部) 〇中央大学(戦略経営研究科) 〇民間大手企業(製造業・非製造業:3社) ------------------------------------------------- 【開催概要】 日時:2017年5月18日(木)19:00~21:00 場所:富国生命ビル14階・第4セミナールームA 定員:250名(先着順) 備考:参加費無料 主催:政策分析ネットワーク   :三菱UFJリサーチ&コンサルティング

【ご登壇者(基調報告者/パネリスト等:敬称略)】 〇厚労省職業安定局 雇用政策課長   蒔苗浩司 〇中央大学大学院戦略経営研究科 教授 佐藤博樹 〇三菱UFJリサーチ&コンサルティング  経済政策部 主任研究員       平田 薫 〇SOMPOホールディングス  グループCIO 常務執行役員   浦川伸一 〇セコム株式会社 顧問     小松崎常夫 〇サトーホールディングス  執行役員 最高人財責任者  江上茂樹

<全体進行係> 〇政策分析ネットワーク事務局長    田幸大輔