第103回政策シンポジウム<健康ヘルスケア・シンポジウム>

「国民の健康寿命延伸のための次の仕掛け」 〇経済産業省(ヘルスケア産業課) 〇国立循環器病研究センター  〇未病息災推進協議会  〇ロコモチャレンジ!推進協議会 〇野村総合研究所 〇博報堂(行動デザイン研究所) ------------------------------------------- 【開催概要】 日時:2016年6月11日(土)14:00~16:00 場所:富国生命ビル14階・第4セミナールームA   :(東京都千代田区内幸町2-2-2) 定員:200名(先着順) 備考:参加費無料 主催:政策分析ネットワーク

【パネリスト/モデレーター等:敬称略】 〇経済産業省 商務情報政策局  ヘルスケア産業課長    江崎禎英 〇国立循環器病研究センター   研究開発基盤センター長  妙中義之 〇一般社団法人 未病息災推進協議会  理事           大羽昭仁 〇ロコモチャレンジ!推進協議会   委員長 大江隆史 〇博報堂 行動デザイン研究所  所長            國田圭介 <モデレーター> 〇野村総合研究所  ヘルスケア担当部長     山田謙次

<全体進行係> 〇政策分析ネットワーク事務局長 田幸大輔

【開催趣旨】 政府の成長戦略の柱の一つとして「国民の 健康寿命の延伸」が掲げられ、各省横断で 様々な政策が推進されている中、さらに この動きを進めていくためには、国民各層 が健康増進・健康投資に自分ごととして 取り組める、より身近で具体的な接点を 作っていくことが鍵となる。 本シンポジウムでは、国民各層の健康増進 ・健康投資に資する様々なアプローチを 紹介しながら、国民の健康寿命延伸を更に 促進するための次の仕掛けのあり方などに ついて議論していく。